ドナルド・A・ノーマンと親鸞を読んでいる僕は

 ドナルド・A・ノーマン「未来のモノのデザイン」読み終えた 
インタフェースといえばこの人。 

「誰のためのデザイン?」「エモーショナルデザイン」などを今まで読んでいる人は第6章以降を読んでおけば充分です。あとは繰り返しばかりです。はじめてドナルド・A・ノーマンの著書を読む人は、「誰のためのデザイン?」を読んだ方がいい。 

でもノーマンの本は楽しめる書き方してるから読み易いね。SF読んでる気分になるよ。 

-- 

吉本隆明「最後の親鸞」も読んでます。 

む、むずい・・。親鸞のことをある程度詳しくないと解読出来ない。「悪人正機」とか・・。すげー親鸞には興味あるんだけども、その時代の他の宗派の教えを踏まえて(反して)答え導いたとか、親鸞の生きていた時代背景とかそれらも理解していないといけないっぽい。 

もしこの本で親鸞が分かったとしても、吉本隆明のフィルタを通した親鸞なんだけどね。いずれはちゃんと自分の体で理解してみたいなぁ。 

-- 

この2つは全然つながりがないなぁ。 

ドナルド・A・ノーマン

at 00:08, 浅井カズヒロ, Book

comments(0), -, pookmark

メモ的な読みかけ書評

だいぶ前に買った本.読みかけもあるけど書評

■「夢をかなえるゾウ」
  水野敬也(著)
・・ガネーシャのこてこて関西弁笑える. 立ち読みしてると吹き出しそうなので買ってしまった.あと著者の水野敬也のキャラクタも「ミズノンノ」いらい知っているので,そのキャラ性に敬意を表して買うべき.楽しい


 
■「CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ」
  小寺 信良 (著), 津田 大介 (著)
・・勉強になった.著作権とか.クリエイティブ・コモンズ付き.条件のもとコピペOK.ググルとPDF丸ごとアップしてあったり(これはいいのかな?)



■「生物と無生物のあいだ」
  福岡伸一(著)
・・まだ読みかけ.わくわくして新幹線で読んでます.DNAや生物学の歴史や発見をたどりながら,生物ってなんだ?を著者が語る.売れている理由が分かる.書き方が面白いもの.



■「犬と鬼―知られざる日本の肖像」
  アレックス・カー(著)
・・ちょっとだけ読み始めてる.外人から薦められた本.日本人には耳が痛い内容っぽい.しかしおせっかいとも感じるが,知る為に読もうと思う.


JUGEMテーマ:日記・一般


at 22:37, 浅井カズヒロ, Book

comments(0), -, pookmark

行為について

行為について.
西洋人にとって行為をしているのは自己である.東洋人にとっては,(中略)さまざまな力の働く「場」において自己が作用した結果として生じたものである.

「木を見る西洋人 森を見る東洋人」より

at 16:41, 浅井カズヒロ, Book

comments(0), trackbacks(0), pookmark

読書してる,秋だし.

来週の月曜は名古屋に急遽行くことになりました.
仕事のために〜,糧のために〜.

あと夕方から暇になるので支留比亜行きます.飢えてます.
もしお時間あればお茶でもいかが?名古屋の皆様.

--

プログラムで必ず出てくる「配列」と「円周上の座標の求めかたのsin,cos」が乗り越えられません. 
アホ高校の高校数学だったから・・といいわけ.

なんとなくわかるようで,
どうもしっくりこない,頭にはいらない.
暗記とかじゃなくてなんか違う意味で理解ができない.
いつもつまづく.なんだこれは.
何回やっても何回やっても!

ハンマー投げてくるクッパか?
ギターで言うとFのコード押さえってことか?
英語で言うとことの冠詞"a"とか"the”の使い分けか?
発音で言うLとRか?

ど〜したら理解,会得出来るんかなぁ.
みんなどうして理解したの?すごいよ,尊敬するよ.

--

mixiのプレミア会員でしたが,止めました.
もう,いいかなってふと思ったのです.

--

夏目漱石の「こころ」を読んだ.
初めて夏目漱石を読んだわけなのだが,面白かったわ〜.

「読書感想文で読まされたでしょ?」

と言われたが,そんな記憶がない.
僕の読書感想文の記憶は「小泉八雲」の強烈さしか残ってないのね.
で,ググるとどうやら夏目漱石の「こころ」は感想文の定番らしい.へ〜.
びっくりしたのが,ネットで感想文の書き方や例文がめちゃくちゃヒットするってこと.

コピペできる時代だからなぁ.

良い感想文の例を読むと「なるほど!」と思うし,説得力があったりするが,
しかし,「俺はこんなの書けないな,ぜんぜん違う感想もつな」とも思う.
もし「こころ」の感想文を書けと言われたら,
僕は,「惹き付けるストーリーの構成がおもしろい」ってこと書くかな.
決してネットの例文にあるような「人のエゴとは・・」とか書かない.
というかそんな視点よりもストーリー展開,構成の方が斬新.

まあ,なんでもいいけど,読書感想文をコピペできる世の中で,
それに頼っちゃう中高生も実際いて時代を感じるし,
先生が読書感想文を書く意味を教えていないのだなとも思った.
僕も教えられた事無いけどね.苦痛だったしー

--

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」も読んでます.
まぁまぁ.司馬遼太郎が面白いのか竜馬の生き様がおもしろいのか?
まだ判断出来ない.

--

at 22:35, 浅井カズヒロ, Book

comments(0), trackbacks(0), pookmark

本をよむよむ。

本よむよむ。
秋でもないのに。





これまでやってきた事を見直して、
体系立てていければいいな。
そんでもってこれからの方向にして行くんだわ。



でも型にはまらないよ。
たぶん、そのまま矛盾を抱えていくよ。
だって全体をガバって捉えてたいからなんだわ。

at 20:35, 浅井カズヒロ, Book

comments(0), trackbacks(0), pookmark

欲しい本

公開中の映画「ルナシー」
http://www.a-a-agallery.org/event/lunacy/

と,いうことでまたヤン熱が高まってきました.

鏡の国のアリス
鏡の国のアリス
ヤン シュヴァンクマイエル,ルイス キャロル



不思議の国のアリス
不思議の国のアリス
ヤン シュヴァンクマイエル,ルイス キャロル


シュールレアリスト,ヤン・シュヴァンクマイエル

at 18:28, 浅井カズヒロ, Book

comments(0), trackbacks(0), pookmark

絵本が好き

あぶないよ!
あぶないよ!
きたないよ!
きたないよ!
いじめだよ!
いじめだよ!
フランチェスコ ピトー, Francesco Pittau, Bernadette Gervais, 栗栖 カイ, ベルナデット ジェルベ

僕はよく本やの絵本コーナーに行く。
シンプルな絵と文章の本が好きでここにあげた絵本もそういった一つだ。
「あぶないよ!」というタイトルどおり本当に危ない内容が書いてあり、
大人にとってはナンセンスな、しかし子供がやらかしそうな事を「あぶないよ!」という繰り返しで内容は進んで行く。この本が好きなのは初めて読んだ時に本というメディアをうまく使っていうことに感心したからなのだ。
ページの見開きの左にイラストと文章で「○○すると・・・」とあって、右には「あぶないよ!」と文章が一行書いてあるだけ。それの繰り返しで、ページをめくる度に危険度が上がっていき読者はハラハラしていく、そして「あぶないよ!」という文字もだんだんと・・・。
オチまでは書きませんが、実際体験してみて下さい。

でも絵本っていい値段するよな〜。

at 18:01, 浅井カズヒロ, Book

comments(0), trackbacks(0), pookmark

古本を売りに行こう/さよなら養老孟司

家の片づけをしながら、突然ふと本を売りたくなるときがある。
「あれ?こんな本あったんだ〜」と懐かしく思いながら、
「何年も読んでないなー...邪魔かも..」となるのだ。
学生の頃読みあさった芸術関連の本や大学の教科書。
マニアックなビートルズの本。詩集。高校時代古本屋で買った小説40~50冊。
段ボール3箱分売り、何日かにわけて自分で古本屋に行って買い取りをしてもらった。
全部で4~5千円になった。
ここで重要なのは売る本屋を選ぶ事だ。
ある古本屋では、「買い取れない」ものが他の本屋では「1500円ですねー」ってことがあるからだ。

さよなら養老孟司
今日もまた本を売ってしまおうと思った。
養老孟司といえば
バカの壁
バカの壁
だが、養老孟司は10年ぐらい前に大学時代の友人からこの本面白いよと、

唯脳論
唯脳論(安くなってますね)
を勧められ、あまりの面白さに友人に「欲しい!」と貰ってしまったくらいなのだ。それから養老孟司の本を見つけては買っていた。バカの壁でブレイクしたようだが、僕の中で養老ブレイクは「唯脳論」だった。解剖学の見地から物事を語る、その口調(文体)は優しく分かり易かった。作家によっては「読みづらい、共感できない」という文体もあるから、この養老孟司の本はほとんどがスラリと読め、しかも面白かった。
しかし、最近「もう養老孟司は買わないだろうな」と思っていた。
養老孟司の文章を読んでもだいたいどのような考え方でいるかが分かるからだ。バカの壁を読んだときも「あ、文章いつもの感じ。今までのよりちょっと軽いかな」なんて厚かましく批評(独り言ね)していたくらいだ。それは自分にとって意外性が無くなった事でもあり、そして今の自分に刺激にならなくなっている事でもあった。
「養老孟司、売ってしまおう」
(このとき寺山修司関係の本も売る---->計9冊しめて900円。3店舗渡り歩く)

しがらみ?
本棚に本があると、自分の思い出にみえたり、知識の証の様であったり、コレクション的な要素もあったりと本棚というのは楽しいものだ。でも、邪魔にもなる。「また読むかも」とか「いい本なんだよね」と取っておきたい気持ちもすごくわかる。でも、邪魔にもなる。「また読むかも」や「いい本なんだよね」と取っておいた本は今の自分に何かしてくれているのか?過去に読んだ本はもう自分の中に吸収されている!あの時の自分(本を買った時代)には必要だった、今はもう必要じゃない!本を売ってしまって手もとに無くて「あ〜、売るんじゃなかった」と後悔するかもしれん。でも未来の後悔にしばられているなんてバカらしい。しかも「するかも?」という可能性で。

また新しい本を買うだろう。だって読書好きだし。そのスペースを空けておかなければ。

at 17:39, 浅井カズヒロ, Book

comments(0), trackbacks(0), pookmark

妖怪と水木しげるの昭和史

コミック昭和史 (第1巻) 関東大震災~満州事変

最近まとめて買いました。水木しげるの奇妙な雰囲気を持った絵が好きだし、テクニックでキャラが台詞を言う時にわざと口の部分がコマで見えない構図もイイ!想像を膨らませる。

げげげ通信

なんだか『大(oh!)水木しげる展』の開催もあって水木しげるが注目されているみたい。あ〜見たいな〜。京都の開催の時期にいこっかな。

あ、『コミック昭和史』は戦争と昭和と貧乏な時代を描いたコミックです。水木しげるの自伝漫画ですね。すごくオススメするわけではないけども、読んで良かったと思う..。

僕は妖怪に興味があって(好きというよりも興味がある)、人間が妖怪という存在をどうして生み出したのか?想像したのか?また見てしまった、感じてしまったのか?そして妖怪という形を描いてきた人間の想像力や感受性が面白いと思うのだ。”河童(カッパ)は人間の尻子玉(しりこだま)を抜く”という言い伝えがあって、河童が人間の肛門から手をつっこんでこれを抜くってんだからびびるよね〜。しかも尻子玉も想像上の臓器ってんだから妖怪話は面白いんだな。

at 00:21, 浅井カズヒロ, Book

-, -, pookmark

お勧め本の紹介です。

Flash MX ActionScript 逆引き大全 500の極意
Flash MX ActionScript 逆引き大全 500の極意
ITフロンティア
ちょっとFlash関連の古い本ですが僕も使ってます。Flash MXのActionScriptをもっと覚えたい!応用したい!と思う中級者以上のかたにお勧めです。これは。一人で勉強するのはなかなか難しいものですがきっと壁を乗り越えるためのアイテムになります。いろいろサンプルがあるのでパズルのように組み合わせてより複雑なものへ応用してみましょー。

at 19:50, 浅井カズヒロ, Book

comments(1), trackbacks(0), pookmark