<< 映画「サヴァイヴィング ライフ」を観てきました ヤン・シュヴァンクマイエル | main | 「イシバシ・ハンダイ映画祭」でゲスト田中翔子さんの話を聞いて来ました。 >>

クワクボリョウタ《10番目の感傷(点・線・面)》が素晴らしくよいです

クワクボリョウタ《10番目の感傷(点・線・面)》が素晴らしくよかった。
シンプルなしくみだけど、ものすごいいろいろ気づいた。
没入感。日常。美しかった。
文化庁メディア芸術祭 京都展 パラレルワールド京都

VRやMRなどで技術的感覚的テーマとなる没入感を光と影でいとも簡単に実現させてしまった。そのアイデアに脱帽する。自分が小さくなったのか、モノが大きくなったのかどちらとも言えない感覚になる。クワクボリョウタ《10番目の感傷(点・線・面)》 



この展覧会でナンバーワンの作品。
平成22年度 文化庁メディア芸術祭 アート部門 優秀賞も受賞した作品
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2010/art/TheTenthSentiment/


クワクボリョウタ公式ページ 「10番目の感傷(点・線・面)」
The Tenth Sentiment OPEN SPACE 2010 展示作品
(NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]、2010/05/15 ~ 2011/2/27)

JUGEMテーマ:日記・一般



at 00:07, 浅井カズヒロ, アート・メディアアート

comments(0), -, pookmark

comment