<< 「イシバシ・ハンダイ映画祭」でゲスト田中翔子さんの話を聞いて来ました。 | main | Photo >>

被災地支援の方法を探る

震災に対してどういったことを考えたかの記録です。
震災後、まず募金もしました。
早く何かしなければという思い。
多くの人がその気持ちで募金や支援の方法を探り始めたように。それだけでした。
しかし、どんな方法が正しいか、自分は何が出来るのか迷う日々がつづきます。
被災者への支援、被災地に赴くボランティアへの支援……寄付。
刻々と状況は変わっていくなかで
あの日から9ヶ月まだまだ支援をしていかなければいけません。
支援の方法も変わっていくのでしょう。
何十年かかるのかわかりませんが、ある覚悟をもって
これから生きていくつもりです。

そんな支援の一部を記録として残してみます。
Facebookにつづりながら書いていたものです。

--

たくさんのCDをヤフオクとかでうまく売って、それを全部を被災地支援(東北、近畿)に回すというのはどうだろうか。できるだろうか。正直手間ではある。

2011.10.27
東北の復興・被災地支援の寄付先を探しています。(少額ですが)
例えばCIVIC FORCEへの寄付や楽天の復興支援などありますが、他にあれば教えて下さい。まだ知らない支援の方法、皆さんの推薦する方法があれば協力したいと思ってます。よろしくお願いします。

えーと、正直いいますと、僕は現地にボランティアにいく体力もないし現場の状況に耐える自信がありません。とうぜん現地で特別役に立つ技術も知識ももっていません。なので今は遠くからの支援という方法を模索しています。自分の生活があっての支援、無理のない支援、仕事をしながらの支援です。僕が出来ることはそのくらいだと思ってます。 
かと言ってやみくもに募金箱にお金をいれたくないのが正直なところです。自分が納得する方法で支援をしたいと思うのです。
「納得したら支援する」なんて傲慢な考えかも...

知人:
(ふんばろう東日本支援プロジェクトお勧めです。http://fumbaro.org/)

ふんばろう東日本支援の文字は目にしたことあったんですが、このサイトのことだったんですね。そういえば、イトイ新聞でも読んでました。お仕事につながる支援ってのはいいかもしれません。物資でもできるようですし、情報ありがとうございます。

2011.10.28
CDなどが約150枚が売れたので公約通り震災の復興支援にまわすぜ! ヤフオクでも売れたし結構な値段になった。  それとは別にそして自分の欲しいものは買うし、姪っ子にもクリスマスあげたいし。

知人:浅井さんの世代は、モノとの付き合いがうまいですね。シェアする世代。


タンスの肥やしを外に出したら寄付金ができたってかんじなのでよかったです

2011.10.29
支援先・方法に悩む。これよさそう、あっちも大切、やっぱ子供に向けて、いや年配の人にこそ、お、DSとかもほしいんだな、そうか冬だしコタツ(車椅子でもつかえる)もいいかも、被災地の経済も、いやボランティアを支援するのも大事だ……。これは何を悩んでいるのか。何か大きな見返りを期待しているのか?そんな気持ちがどこか偽善的に思ったり。「小僧の神様」じゃないけども。
支援の方法を探してたら自分にとって今大切な、大事にしたいことを探してたッテ感じ

--

2011.10.31
色々アドバイスいただい方、ありがとうございます。
奥さんと相談しました。
CDやDVDを売ったお金は「みちのく未来基金」に寄付します。
公益法人認定されてから寄付します。
それまでもう少し積み立てていきます。

--

CDやDVDは結構いい値段になりました。
高校時代から買い集めていたビートルズ(輸入盤)やら、ジョン・レノンやポールマッカトニーの
ソロやBlurやYMOとかもあったかな?
マニアックなものはできるだけ高く買ってくれるファンのひとにヤフオクにだしました。
(買ってくれた方ありがとう)

--

2011.12.某日
「みちのく未来基金」が公益法人になったようです。
寄付の手続きをしました。寄付金控除もちゃんとしようと思います。
寄付ってどうゆうものかこの年令になるまで全く知らないので、
この震災を機会にしかるべき手続きも覚えつつ、踏まえつつ続けていこうと思う。
ちゃんと仕組みを知ってこそ続けていける、
震災の支援を考えていけると思っております。

--

2011.12.11
今日は11日でした。あの日から9ヶ月です。以前にも載せましたがこんな基金を紹介しておきます。
公益財団法人みちのく未来基金 | 震災遺児に進学の夢を!

at 17:54, 浅井カズヒロ, 日記

comments(0), -, pookmark

comment